やきものの故郷は湖?

やきものに限らず、良質な製品が生まれる為には良質な材料が必要です。


また、それに加えて産地として成立する為には大量の材料が必要です。

なぜなら均質で大量の材料が均質で安定した物づくりの条件であるからです。


やきものの場合は土が違えば耐火度や可塑性、収縮率など

焼成や造形に関わる様々な要素や条件が異なりますから、

その度に新しい材料ではまともな焼き物作りすら不可能になってしまいます。

性質が分かっている材料を使うからこそ、

経験が蓄積されて優れた製品が生まれるわけです。


焼き物の材料となる土、いわゆる粘土ですが、正体は何でしょうか?

その正体は岩や石が風化して非常に細かくなったものです。

岩や石が極限まで細かくなり、しかもそれが集積される場所・・・

それは湖沼以外には有り得ません。


流れのある川ですと微細な粒子である粘土は洗い流されてしまい、

沈殿もできずに下流に流されてしまいます。

流れが淀む場所、そこのみに粘土は大量に蓄積されます。

その場所が地殻変動で地表となり、材料の産地となるわけです。


日本の有名な大産地の瀬戸(愛知)、美濃(岐阜)は太古の昔には大きな湖がありました。

産地こそ違えど、同じような材料を使っているわけです。

実際、瀬戸美濃は峠一本超えただけの隣接地域です。


同じような兄弟産地に信楽(滋賀)、伊賀(三重)がありますし、

海を隔てた万古(三重)、常滑(愛知)というパターンもあります。

関東の益子(栃木)、笠間(茨城)も峠一本です。


悠久な大地の営みから生み出された焼き物の材料である粘土。

農業とは別の意味で大地の恵み、大地の贈り物と言えるかもしれません。


Share on GREE
[`twib_users` not found]

青磁は欧米人に受けない?

日本を初めとした東洋で根強い人気のあるやきものに青磁があります。


青から緑までの色調の深く澄んだ色調で清涼感のある陶肌は、

料理の器や酒器、花器と様々な用途に適合し、

人々の生活に溶け込み、深く愛されてきました。


その青磁なのですが、何故か西洋人には余り人気がないようです。

西洋で珍重されているモノを見ても白磁がほとんどです。

現に西洋のやきものブランドはほぼ白磁独占ですよね。


何故、青磁は西洋人に受けないのでしょうか?


単なる好みの問題で片付けてしまっては、

東洋の白磁が西洋において珍重された歴史的事実の説明がつきません。

他にも西洋から見れば異質でしかない浮世絵なども持て囃されました。

どうやら好みとかの概念を超えた他の深い理由がありそうです。


一つの仮説があります。


それは欧米の西洋人の目の色です。

青い目を持つ人種は青みがかった世界を見ている事になります。

その人種からすれば、青磁は魅力的には見えないという説です。


こうした生体的差異や環境的差異から

世界の文化論を考察するのも面白いかもしれませんね。


Share on GREE
[`twib_users` not found]