陶芸体験はどんどん失敗して経験値を積みましょう


陶芸体験に関わっているとある法則が見えてきます。


それは、おそるおそる慎重に土をさわっている人よりも、積極的に

ガンガン土に触っている人の方が上達が早いと言うことです。

理由を考えると、やはり経験値ということに尽きると思います。


人は失敗をすることで学びます。

人は失敗をすることで限界を知ります。



土をおそるおそる触っている人は大きな失敗もしませんが、

限界を知ることが出来ない為にそれなりのものしかできません。


それに対してガンガン土に触れる人はどんどん失敗します。

でも、その経験により土の性質を掴み限界値も掴めます。

結果として、より完成度の高い作品が生まれます。


挽回の機会が多くあれば、失敗は上達や成功への近道です。


ひょうたん窯の陶芸体験は土使いたい放題かつ長時間です。

失敗をしても挽回できる機会は豊富にあります。

失敗をしても経験を生かして完成度の高い作品が出来ます。


せっかく陶芸体験をしていただくのだったら、失敗を経験に変え、

経験を生かして上達して貰い、良い作品を残していただきたい。

そのための土使いたい放題と長時間の体験時間制です。

Share on GREE
[`twib_users` not found]

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">