手ひねりと電動ロクロの違い

陶芸体験で一般的な技法には、手ひねりと電動ロクロがあります。

他にも作陶技法はありますが、醍醐味から言えば

やはりこの2つの技法が最も作って楽しく、色々なものができる技法です。


一般的には陶芸=電動ロクロという認識があるほど電動ロクロは人気があります。

くるくる回る粘土から次々と作品が生み出される様子は魅惑的でもあります。

特徴としては・・・

・回転体を大量生産するのに適しています。

・回転体以外のものはできません。

・一度でも崩れてしまえば最初からやり直しです。

・99%仕上がっていても最後の一瞬の油断で崩れるときもあります。

・一般的に仕上がりがとてもキレイになります。

・キレイにできるので逆に没個性的になります。

・半乾燥させてから高台仕上げをします。(後日当窯で仕上げます)

・作陶後の装飾や工夫も一般的には半乾燥後になります。(当日はできません)

・余りのんびり作っていると土が軟らかくなって作りにくくなります。

・長時間すると腰が痛くなります。

・やり方にもよりますがとても汚れます。

・一般的にとても難しいです。(手助けが必要なときもあります)

以上のような特徴があります。


次に手ひねりですが、こちらは一見地味ですがとても味わい深いものができます。

全ての陶芸の技法の基礎ですが、同時に終着点でもあると思います。

その特徴としては・・・

・形を問わず色々なものができます。

・作り手によって作品の表情が驚くほど変わります。

・一瞬で作品が元の木阿弥になる事はありません。

・余りのんびり作っていると土が硬くなり表面にヒビができます。

・細かい装飾や工夫なども自由自在にできます。

・無意味にはしゃがなければ余り汚れません。

・作り手のレベルに合った作品ができます。


ひょうたん窯では「手ひねり」体験の方を推奨しています。

じっくり取り組め、作り手のレベルにあった個性的な作品ができるからです。

電動ロクロの方はキレイにできすぎて逆に量産品ぽくなり面白味に欠けます。

上手に作れば作るほど量販店や百円ショップにある陶器に近づいてしまうわけです。


これは私のあくまでも「私見」ですので、手ひねりと電動ロクロ

体験したい方を素直に体験していただく事をお薦めします。


Share on GREE
[`twib_users` not found]

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">