一日陶芸体験案内(電動ロクロ)

手ひねりと電動ロクロの違いについてはこちらをご覧下さい。

基本的な事項は概ね手ひねり体験と同じですが、

以下の事項が電動ロクロの場合は異なります。


ひょうたん窯には電動ロクロが一基しかありませんので、

電動ロクロ体験の場合は交代制での体験となります。


電動ロクロは見て学ぶ要素が手ひねりよりも大ですので、

お仲間やお友達がやっているのを見て学んでいただければと思います。

また、電動ロクロは前傾姿勢の維持を強いられる為、

もともと長時間の体験は大変困難です。

長くとも一回30分ぐらいにしておいて、休憩を挟んで交代するのが

腰にも負担が掛からず集中して作陶できると思います。


ですけれども体験人数はせいぜい4名様ぐらいまでと思います。

それ以上になるとお一人あたりの割り当て時間が少なくなってしまいます。

二名様だと お一人あたり約90分

三名様だと お一人あたり約60分

四名様だと お一人あたり約45分

五名様だと お一人あたり約36分

という事になります。

四名様までですとお一人あたりの体験時間も

前半後半に分けて、有効に体験をしていただけます。

A前半→B前半→C前半→D前半→A後半→B後半→C後半→D後半

後の方の方が見て学ぶ時間が多くなるので、

前半後半に割り振る事でその有利不利を平準化する事もできますし、

長時間にわたる前傾姿勢の維持による腰痛防止にもなります。


体験料金は総額が手ひねりよりも「人数×500円」割増しになります。

電動ロクロは後日の半乾燥後に仕上げが必須となる為、

その分手ひねりよりも手間暇が掛かります。

そのための割増料金です。


ご理解の程、よろしくお願い致します。



Share on GREE
[`twib_users` not found]

コメントを残す

 

 

 

これらのHTMLタグが利用可能です

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">